食欲を制す~太らないために~

朝食はご飯とパンどちらがいいの?

食欲を制す~太らないために~

ダイエットやトレーニングに関わってくるお食事のお話。

今回は、身近なパンとお米の違いについてお話します。

まずは朝食!

 

みなさまがよく思われている疑問は、朝食にはパンとご飯(白飯)どちらいいの?

 

朝食は、ご飯とパンで比べると、パンの方が高脂肪食です。

ご飯中心の適正脂肪食の方が、満腹感が長続きして次の食事で食欲が暴走するリスクが低くなるので、食欲を制すにはご飯がいいかも!

というのも、ご飯は、食べても食後の血糖値は緩やかに上昇し、その後の満腹感は長続きします。

しかし、パンの場合は、急激に血糖値が上がり、一時の満腹感は得られますが、その分、血糖値の下がも大きくなり空腹感を強く覚えることになるので、次の食事の際、食欲が暴走してしまう可能性が高まります。

 

ですので、血糖値の上昇が大きくなる高脂肪食のパンよりも、ご飯の方が食事としておすすめということになりますよ。

さらに、朝と昼にごはんを食べると、安定して満腹感がキープできることになります。

 

運動と食欲

 

また、私たち生き物は安静時に食欲を感じるようにできています。安全だと感じている安静時に食欲は増します。

しかし、1日に1時間以上運動をしている人は、食欲に振り回されることはなくなります。

運動することで、エネルギーを消費しつつ、食欲を抑えましょう!

基礎代謝を上げるための筋肉を維持のためにも、朝のたんぱく質は不可欠。

夜にたんぱく質を摂るよりも、朝に多めに摂る方が筋肉の重量や筋肥大率がアップすると言われています。

 

タンパク質は朝に多めに

 

さらに、食べる順番は「タンパク質→糖質」がベター。

タンパク質を食べてから糖質を摂って血糖値を緩やかに上げ、グレリン(食欲を促進するホルモン)の働きを抑えて食欲をなだめます。

そして、そのあとに野菜等の繊維を摂って胃を物理的に満たすのもありです。

少しずつでもいいので、自分の食欲をコントロールできるものにしていきましょう!

 

まとめ

・朝は低脂肪食のご飯食がおすすめ。

・運動することで食欲を抑制

・タンパク質は朝に昼に多めに摂る

 

著:B-fitスポーツクラブ 鶴見緑地

B-fitスポーツクラブ鶴見緑地
大阪鶴見緑地の天然温泉併設のフィットネスジム「B-fit(ビィフィット)鶴見緑地店 」の公式WEBサイトです。

コメント