皮下脂肪をつけない食事のコツ!

B-fit鶴見緑地

皮下脂肪をつけない!

運動する機会が減り、体重も気になりだした頃ではないですか?

今回、食事改善で皮下脂肪を撃退するためのちょっとしたコツをご紹介していきたいと思います!

①皮下脂肪とは?

内臓脂肪とは違い、全身にまんべんなく蓄積し、見た目に現れやすいのが特徴です。
気になりやすい箇所といえば、顎まわりや二の腕、お腹まわり、太もも…。
しかも一度つくと、なかなか落ちにくいのがこの皮下脂肪。なので、つけないのが一番!

②自分の理想の体重、摂取カロリーを知ろう

まずは、身長から理想の体重を求めましょう!
もっとも健康でいられるのはBMI22の時ですので、そこから理想体重を求めます。
下記の式に当てはめるだけ!
理想体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
次に、理想摂取カロリー。理想体重に30をかけるだけ!
理想摂取カロリー(kcal)=理想体重(kg)×30

たとえば、身長160cmの人の場合は、

理想体重(kg)=1.6m*1.6m*22=56.32kg

理想摂取カロリー(kcal)=56.32kg*30=1689kcal

となりますよ。

 

どうですか皆さん、計算できましたか?

自分の理想体重や摂取カロリーを知識として知っておくことは、トレーニングや健康生活でとっても役にたってきますよ!

③食事のバランス

食事は13食が基本。

理想摂取カロリーを3食でどう分けるかがポイント。
摂取カロリーは、活動量が多いときに多くとるのが理想的。
なので、3食は3:昼4:夕3の割合が良いとされています。
また、1回の食事では、たんぱく質15%・脂質25%・糖質60がベスト!
おうち時間が多くなってしまうのを逆手に、今一度、食事と向き合ってみてはいかがですか?これを機に、料理を極めましょう!

 

 

 

著:B-fitスポーツクラブ鶴見緑地 スタッフ

https://b-fit.jp/tsurumi/

コメント