身体の老化を予防する栄養

B-fit鶴見緑地

今回のブログは身体の老化を予防する栄養のお話をさせて頂きます。

 

人間の身体は呼吸によって酸素を取り込み、その一部が活性酸素となり細胞を老化させるといわれています。

肌のシミやシワが増え、筋力も低下、ガンや動脈硬化などあらゆる病気の原因にもなります。

運動中や紫外線、喫煙などで活性酸素が多く発生するといわれています。

 

そこで大事なのは抗酸化作用のある食品を摂ることです。

 

身体の老化を予防する栄養

 

抗酸化作用のある食品を摂ることによって、活性酸素を減らすことができ身体の老化を遅らせることができます。

野菜や果物に含まれる、

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、リコピン、ポリフェノール

などがあります。

ミネラルでは、亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、クロムがあります。

納豆に含まれるイソフラボンや、緑茶に含まれるカテキンも抗酸化作用があります。

これらが含まれる食品を万遍なく摂ることによって、寿命を伸ばし、健康的な身体づくりをしていきましょう。

 

 

著:B-fit鶴見緑地
https://b-fit.jp/tsurumi/

コメント